SDGs特集 第二弾!

sdg_logo_en_2

さて前回はSDGsについてほんのさわりの部分をご紹介させて頂きました。

今回はより具体的にSDGsの中身を見ていきましょう。

 

前回も書きました通り、SDGsには17のゴール、それに準ずる169のターゲット、232の指標が設定されています。

 

ちなみに169のターゲット・232の指標を羅列していくと大変なことになってしまうのでここでは17の目標について記述していきます。

 

SDGsを構成する17のゴール

 

1・貧困をなくそう【NO POVERTY】

2・飢餓をゼロに【ZERO HUNGER】

3・すべての人に健康と福祉を【GOOD HEALTH AND WELL-BEING】

4・質の高い教育をみんなに【QUALITY EDUCATION】

5・ジェンダー平等を実現しよう【GENDER EQUALITY】

6・安全な水とトイレを世界中に【CLEAN WATER AND SANITATION】

7・エネルギーをみんなにそしてクリーンに【AFFORDABLE AND CREAN ENERGY】

8・働きがいも経済成長も【DECENT WORK AND ECONOMICGROWTH】

9・産業と技術革新の基盤をつくろう

【INDUSTRY,INNOVATION AND INFRASTRUCTURE】

10・人や国の不平等をなくそう【REDUCED INEQUALITIES】

11・住み続けられるまちづくりを【SUSTAINABLE CITIES AND COMMUNITIES】

12・つくる責任つかう責任【RESPONSIBLE CONSUMPTION AND PRODUCTION】

13・気象変動に具体的な対策を【CLIMATE ACTION】

14・海の豊かさを守ろう【LIFE BELOW WATER】

15・陸の豊かさを守ろう【LIFE ON LAND】

16・平和と公正をすべての人に【PEACE,JUSTICE AND STRONG INSTITUTIONS】

17・パートナーシップで目標を達成しよう【PERTNERSHIPS FOR THE GOALS】

 

となっています。

 

なんだか当たり前といえば当たり前のことのような・・・(笑)

 

でもこれこそがSDGsの基礎なんだと私は思うのです。

「それってあたりまえのことじゃない?」というSDGsというものが世界規模で目標として設定されたということが重要なんです。日本という先進国に住む我々には当たり前に教育されている、享受できている、実現できていることが世界規模ではまだ実現できていない・浸透していない・そもそも知らないということなのです。そしてそういう地域はまだまだ多くあるということなのです。

 

話は少しそれましたがこの17の目標はそれぞれの性質上、5つのカテゴリーに整理されます。

 

【People(人間)】1~6

【Prosperity(豊かさ)】7~11

【Planet(地球)】12~15

【Peace(平和)】16

【Partnership(パートナーシップ)】17

 

 

今回は【People】についてです。

該当目標の1~6に対応するPです。

このカテゴリーは「貧しさを解決し、健康でおたがいを大切にしよう」というものです。

世界の人々が幸せになるために貧しさや飢えに苦しむ人々の問題を解決し、全ての人が健康で、お互いを大切にし、平等に暮らせる世界を創ることが大切です。

貧しさは、他の様々な問題も引き起こします。「十分食べられない為に飢えたり、栄養が不足したりする」「教育が受けられない」「社会的に様々な差別や偏見を受ける」。貧しさは、こういった難しい問題と深く関わっています。

また世界の人口が増えていくことで、食べものが足りなくなる、飢える人が増えるという問題もより難しくなっていくかもしれません。世界中が健康に長生きするために、健康を維持したり,病気やケガで治療を受けられる様々なサービスを拡充したりすることが必要です。特に赤ちゃんや子どもは、そういったケアを手厚く用意してあげなくてはなりません。健康に暮らす為には、安全な水や衛生的な環境を保つことも重要な課題となっています。

このカテゴリー自体は世界規模での先進国と途上国間での貧困解決はもちろんのこと先進諸国と呼ばれる国の中を紐解いてみても貧富の差がありそこでの貧困解決なんかも当てはまるのかなぁと私は思いました。

 

今回のSDGsのお話はここまで!

 

次回以降残りの4つのPについて順次ご紹介していきます!!