国分寺の観光名所 第四弾!

皆さんこんにちは!

『プレイステーション』というと何を想像しますか?

多くの人はゲーム機をイメージすると思います。

 

しかし、国分寺の人間はもちろん?国分寺市プレイステーションを思い浮かべます。

ゲーム機のプレイステーションよりも歴史は古く、38年前から存在します。

プレステ1

基本的に無料で遊び場を開放しながらも、プレイリーダーと呼ばれる大人が常駐している為、親の身としても安心して遊ばせる事が出来ます。

この国分寺市プレイステーションは元々、財団法人が運営しておりましたが、財政難を理由に1998年撤退、そこからは私達国分寺青年会議所の事業にも数多くお手伝い頂いている、認定NPO法人国分寺冒険遊び場の会さんが運営しています。

認定NPO法人国分寺冒険遊び場の会とは、財団法人が撤退した際にプレイステーションの存続を危ぶまれた時、プレイステーションを利用してきた人達や、市内の遊び場を豊かにしようと活動してきた団体、PTA、プレイリーダーなどが、ネットワークを生かして立ち上げた団体です。

 

また、この土地自体も国分寺市内の地主が無料で貸し出してくれているそうです。

 

つまり、この国分寺市プレイステーションは善意の塊で出来上がっているのです!!

 

 

 

 

 

下の写真はプレイステーションの中。

中央の半円形はプレイステーションのシンボル?

H鋼を曲げたもので、この下で焚火をしたり・・・

 

 

 

 

 

その右側に、昔は凄く長いターザンロープが有って、子供たちが並んで乗っていました。

暑いこの時期は、簡易のプールを作ったり、冒険砦のようなものが有ったり

今も昔も国分寺に住む子供の笑顔を作る一翼を担っています。