動物のイノシシは「猪」ですが、干支では「亥」と表記しますよね。なぜなんでしょう~??

2019年猪年画像

国分寺青年会議所のHPをご覧の皆様、新年明けましておめでとうございます!

広報革命委員会の藤﨑@戌年生まれです(*’ω’*)

2019年は亥年!!
動物のイノシシは「猪」ですが、干支では「亥」と表記しますよね。なぜなんでしょう~??

調べてみました!!
そもそもの十二支は農耕時代に、季節によって移り変わる植物の様子を表したものだそうです。

子:種子の中に新しい生命が生まれ始める
丑:芽が種子の中に出来るがまだ伸びない
寅:春が来て、植物が伸び始める
卯:植物が地面をおおうようになる
辰:植物の形が出来上がった
巳:植物の成長がピークに達した
午:成長がピークを過ぎ、衰え始める
未:果実が熟し、渋みができ始める
申:熟した実が固くなり始める
酉:熟した実がピークを迎える
戌:成熟を終え、枯れる
亥:新たな生命が種子の中に閉じ込められた状態

後に「人々が覚えやすいように」と、動物の名前を当てはめて説明し、普及させたことが始まりだと言われているそうです。
(干支の発祥の中国では「猪」は「豚」を意味するそうです)

子年から始まる十二支の中で亥年は最後の年です!植物の一生と考えると、戌年でたわわに実った果実が種子となり、エネルギーを蓄えて次の世代へと向かう準備をするという意味の年。

また、動物の猪のイメージから、万病を予防するという意味もあります。
これは、猪の肉に万病予防の効能があると信じられていることによります。ここから、無病息災の意味が生じました。
猪は猪突猛進な性質から、勇気と冒険の象徴ともされています。

最後とは、終わりという意味もありますが、成長に一区切りをつけ、新たな始まりに向けての準備を行う期間でもあります。私は勇気を持って猪突猛進!!今年こそダイエットを成功させる!と心に強く決めました(‘◇’)ゞ

2019年は、次の子年からの新たなスタートに向けて、日々の生活を見直したり、新しいことを思いきって始める準備をしてみてはいかがでしょうか!