国分寺市内のお店・会社紹介(第二弾)

sozai_image_104329

今回は国分寺の街を盛り上げてくれているお店・会社として国分寺駅の南口にあるむさし介護アカデミーを紹介させて頂きます!

 

むさし介護アカデミーは介護技術の習得はもちろんのこと、業界発展を担う「人間力」を備える人材育成を目標に掲げる国分寺市初の介護資格取得の学校です。

 

むさし介護アカデミーでは、介護のいろはを学べる初任者研修、平成28年から介護福祉士の受験資格に加えられた実務者研修、レクリエーション介護士資格やまだ比較的新しい資格・認知症ケア、そして国家資格の介護福祉士と様々な目的に合わせたコースが用意されています。

 

先進諸国が今直面している高齢化の波・介護の問題は、近年の日本でももちろん他人事ではなく自分の家族や自分たちの子供世代にも大きく影響を与える問題として議論されるものです。

もちろん国中が直面している問題ではあるのですが、「その問題って実は自分の周りで起きていて他人事じゃないんじゃない?」というのが筆者的には漠然と考えるところでした。

 

むさし介護アカデミーの学校長、近藤心也さんのお言葉を借りればむさし介護アカデミーはミッションとして「人生の選択肢を増やしてあげること」、ビジョンとして「人と福祉と地域社会のHUB(中継地点)になること」を掲げているそうです。

人生の選択肢を増やすというのは介護職に携わる人のことだけじゃないんだろうなぁと筆者は思いました。

される側も充実した技術・人間力をもつ人材が増えることによって、より多くの人生設計が可能になる→選択肢が増えるということなのかなと。

介護する人・される人、支える人みんな地域社会に住んでいてそれら全てを繋ぐ役割を果たしたいという気持ちがむさし介護アカデミーには込められているのではないかなぁと筆者は勝手に解釈してしまいました。

 

筆者は国分寺の街で飲食業をしていますが、街にはいろんな側面があって様々な側面から街を盛り上げようと頑張っている沢山の人がいるんだなぁと今回の記事を書きながら改めて感じました。

そしてそのような人同士が繋がっていくことってやっぱり素敵なことですね。

これからもっといろんな人と繋がっていけたらなぁと結びに書いて今日も仕事頑張ります!!(笑)

むさし介護アカデミー
http://musashi-academy.com/